スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

Twitterにポスト Tumblrにポスト | --年--月--日 --時--分 更新

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連キーワード

携帯電話会社を変えても前の携帯電話宛てのメールを受信可能になる? このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 携帯電話会社を変えても前の携帯電話宛てのメールを受信可能になる?

Twitterにポスト Tumblrにポスト | 2009年05月08日 19時37分 更新

新たに導入されるサービスにより、携帯電話会社を変える際に発生するメール関係の手続きの煩わしさが改善されることになる



2年以上同じ会社を長期契約するメリットが薄くなりつつある携帯電話業界ですが、サービスの導入を機に他社へ移行してみるのも良いかもしれません。

「番号持ち運び」不便解消…新携帯にメール転送、導入へ : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

読売新聞社の報道によると、携帯電話4社がMNPの使い勝手の悪さを改善するために、これまで使っていた携帯電話宛てに届いたメールを新しい携帯電話のメールアドレスに転送するサービスの導入を協議していることが明らかになったそうです。

これはMNPを利用して他社に移転した契約者の古いアドレスに届いたメールを一定期間、新しいアドレスに自動転送するというもので、ソフトバンクモバイルやイー・モバイルが積極的とのこと。また、最大手であるNTTドコモも協力する方向であるとされており、今年度中の合意を目指しているとしています。

なお、電話番号をアドレス代わりに使って同じ携帯会社の契約者間でメッセージをやりとりできる「SMS(ショートメッセージサービス)」についても、他の携帯電話の契約者とのやり取りを可能にするとのこと。

ちなみに2010年以降に導入される予定となっている第3.9世代携帯電話「LTE」においては、携帯電話各社の通信方式が同じものとなるほか、総務省が個人の電話番号を特定するICカードである「SIMカード」を原則的に他社端末でも使えるようにする意向であることから、携帯電話の機種変更を伴わずにMNPを利用することも可能となるようです。

※情報元:GIGAZINE
関連記事
関連キーワード
MNP  ナンバーポータビリティ  ドコモ  ソフトバンクモバイル  イー・モバイル 

⇒コメントする

カテゴリ
アクセスランキング
アクセスランキング
ブログパーツ
PR
プロフィール

ganx

Author:ganx
モバイル速報+
関東在住の20代なかばの会社員。WEB制作を少したしなんでおり、SEOとモバイル関連の知識をただいま勉強中。このサイトも自身の勉強のために立ち上げました。
リンクフリー、相互リンクは随時受付中です。ご希望の方は下記のお問い合わせからご連絡ください。
管理人への問い合わせ



RSSフィード
RSS Twitter「フォローしてね」
新着記事
人気エントリー
バックナンバー
 
携帯・PHS契約数
現在の携帯契約数(6月末)
NTTドコモ 5841万4800
(2in1:37万1300)
au 3335万2200
ソフトバンク 2613万8700
(DN:3万2300)
イー・モバイル 334万1000
携帯累計 1億2124万6700
ウィルコムPHS 399万3800
携帯・PHS累計 1億2524万0500
UQコミュニケーションズ 103万0300
公式サイトリンク
モバイルサイト
QR
アクセサリー
あわせて読みたいブログパーツ

blogram投票ボタン

フィードメーター - モバイル速報+



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。