HTC、Android携帯第4弾「HTC Tattoo」発表 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - HTC、Android携帯第4弾「HTC Tattoo」発表

Twitterにポスト Tumblrにポスト | 2009年09月09日 16時29分 更新

台湾のスマートフォンメーカーHTCは9月7日(現地時間)、Android携帯の最新版「HTC Tattoo」を発表した。



ソフトウェアキーボードを採用したタッチパネル中心の本体デザインで、HTC Heroで採用されたカスタマイズ可能なUI 「Sense」をサポートする。前世代のモデルと比較して一回り画面や本体サイズが小さくなっている点が特徴。欧州で10月より出荷開始され、他地域でも順次展開される予定。

news280_01.jpg


Androidスマートフォンとしては、Dream、Magic、Heroに次いで同社第4弾の製品となる。プロセッサはHeroと同じQualcomm MSM7225 528 MHzを採用するなど、ほぼ同じハードウェア機能を有するが、Heroのディスプレイサイズが3.2インチの320×480ピクセルのHVGAだったのに対し、Tattooでは2.8インチの240×320ピクセルQVGAとサイズが縮小している。本体サイズもHeroが112×56.2×14.35mm(重量135g)だったのに対し、Tattooでは106×55.2×14mm(113g)と一回り小さい。

HSPA / W-CDMAとGSM / GPRS / EDGEのGSM系3Gネットワークに対応し、Bluetooth 2.0、IEEE 802.11b/gのWi-Fi、3.2メガピクセルカメラ、GPS、加速度センサー、デジタルコンパス、FMラジオ受信機能を内蔵する。外部端子としては3.5mmオーディオジャックのほか、HTC ExtUSB(11ピン mini-USB 2.0)、microSDカードスロットを搭載する。

HTCでは現時点で販売価格について触れていないものの、Tattooが普及価格帯のマスマーケットを意識した製品であり、これまでのモデルより安価に提供される可能性がある。ハードウェア機能をほぼ踏襲する一方で画面解像度を落としたのはコスト削減の一環とみられ、SIMフリー版で500ドル、2年契約時で200ドルといった価格で提供されていたAndroid携帯が、もう一段階低い値段で入手できるようになるかもしれない。

※情報元:マイコミジャーナル
関連記事


関連キーワード
スマートフォン  Android  Tattoo  HTC  Sense   

⇒コメントする

カテゴリ
アクセスランキング
アクセスランキング
ブログパーツ
PR
プロフィール

ganx

Author:ganx
モバイル速報+
関東在住の20代なかばの会社員。WEB制作を少したしなんでおり、SEOとモバイル関連の知識をただいま勉強中。このサイトも自身の勉強のために立ち上げました。
リンクフリー、相互リンクは随時受付中です。ご希望の方は下記のお問い合わせからご連絡ください。
管理人への問い合わせ



RSSフィード
RSS Twitter「フォローしてね」
新着記事
人気エントリー
バックナンバー
 
携帯・PHS契約数
現在の携帯契約数(6月末)
NTTドコモ 5841万4800
(2in1:37万1300)
au 3335万2200
ソフトバンク 2613万8700
(DN:3万2300)
イー・モバイル 334万1000
携帯累計 1億2124万6700
ウィルコムPHS 399万3800
携帯・PHS累計 1億2524万0500
UQコミュニケーションズ 103万0300
公式サイトリンク
モバイルサイト
QR
アクセサリー
あわせて読みたいブログパーツ

blogram投票ボタン

フィードメーター - モバイル速報+