スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

Twitterにポスト Tumblrにポスト | --年--月--日 --時--分 更新

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連キーワード

ドコモ、スマートフォン購入者向けにパケット定額の“二重課金”を防ぐ措置を適用 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ドコモ、スマートフォン購入者向けにパケット定額の“二重課金”を防ぐ措置を適用

Twitterにポスト Tumblrにポスト | 2010年04月02日 16時33分 更新

ドコモのiモード端末からスマートフォンへ機種変更する際、その前月にパケット定額プランを「パケ・ホーダイ ダブル」に変えていない場合、二重課金されてしまう恐れがある。そこで同社は、期間限定で救済措置を行う。



ドコモ

 4月1日から、NTTドコモのiモード端末とスマートフォンのパケット定額プランは「パケ・ホーダイ ダブル」に統合され、月額390円~5985円でパケット通信が利用可能になる(「タイプシンプル」「タイプシンプル バリュー」専用の「パケ・ホーダイ シンプル」は月額0円から)。

 ただし、月額4095円の「パケ・ホーダイ」や、月額5985円の「パケ・ホーダイフル」の契約者が、iモード端末からスマートフォンへ機種変更する場合、パケ・ホーダイ(またはパケ・ホーダイフル)と、パケ・ホーダイ ダブル両方の月額料金が同月に発生してしまう(月の途中で変更手続きをしても、パケ・ホーダイとパケ・ホーダイフルは日割りにはならない)。

 特に、4月1日に発売された「Xperia」は、予約だけで5万台を突破するなど相当数のユーザーが購入することから、4月に二重課金されるユーザーが一定数いることが予想される。ドコモは、こうした事態を防ぐための救済措置を実施。例えば4月にXperiaを購入した後にパケ・ホーダイからパケ・ホーダイ ダブルに変更した場合でも、パケ・ホーダイは3月までの契約扱いとなり、4月分の料金(4095円)は発生しない。パケ・ホーダイフルから変更した場合も同様。

 ドコモによると、この救済措置はXperiaの発売直前に決定したとのこと。実施期間は2010年11月30日までの予定で、Xperia以外のスマートフォンに機種変更した場合にも適用される。4月にXperiaを購入予定で、まだパケ・ホーダイを契約しているユーザーも、ひとまずは安心といえる。

※情報元:ITmedia +D モバイル
関連記事
関連キーワード
ドコモ  スマートフォン  パケ・ホーダイ  ダブル 

⇒コメントする

カテゴリ
アクセスランキング
アクセスランキング
ブログパーツ
PR
プロフィール

ganx

Author:ganx
モバイル速報+
関東在住の20代なかばの会社員。WEB制作を少したしなんでおり、SEOとモバイル関連の知識をただいま勉強中。このサイトも自身の勉強のために立ち上げました。
リンクフリー、相互リンクは随時受付中です。ご希望の方は下記のお問い合わせからご連絡ください。
管理人への問い合わせ



RSSフィード
RSS Twitter「フォローしてね」
新着記事
人気エントリー
バックナンバー
 
携帯・PHS契約数
現在の携帯契約数(6月末)
NTTドコモ 5841万4800
(2in1:37万1300)
au 3335万2200
ソフトバンク 2613万8700
(DN:3万2300)
イー・モバイル 334万1000
携帯累計 1億2124万6700
ウィルコムPHS 399万3800
携帯・PHS累計 1億2524万0500
UQコミュニケーションズ 103万0300
公式サイトリンク
モバイルサイト
QR
アクセサリー
あわせて読みたいブログパーツ

blogram投票ボタン

フィードメーター - モバイル速報+



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。