スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

Twitterにポスト Tumblrにポスト | --年--月--日 --時--分 更新

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連キーワード

イー・モバイル、10月に国内最速下り最大42MbpsのDC-HSPAサービスを開始 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - イー・モバイル、10月に国内最速下り最大42MbpsのDC-HSPAサービスを開始

Twitterにポスト Tumblrにポスト | 2010年07月06日 18時36分 更新

イー・モバイルが7月6日、DC-HSPA方式による下り最大42Mbpsのデータ通信サービスを10月に開始すると発表した。合わせて公開デモを実施し、下り最大40Mbpsの通史が可能な様子を披露した。



イー・モバイル

 イー・モバイルが7月6日、国内初となるDC-HSPA方式を用いた下り最大42Mbpsの高速通信サービスを、10月から提供すると発表し、技術デモを披露した。

news551_01.jpg

 DC-HSPA方式とは、HSPA+で利用する通信帯域(5MHz幅)を2つ利用することで通信速度を2倍に向上させる技術。これを順次導入し、「国内最速」(エリック・ガン社長)の高速通信サービスを全国に展開する。実際に商用サービスを展開しているイー・モバイルの屋内ネットワークを利用して行ったデモでは、下りで約40Mbps、上りで約500kbpsの速度を記録した。実際の利用シーンでも、理想的な環境であればこれくらいの速度が出るという。

news551_02.jpg

イー・モバイル代表取締役社長のエリック・ガン氏は今回のデモ開催にあたり、6月末時点でイー・モバイルの契約数が250万契約を突破する見込みであることを紹介。これに合わせて、ユーザーが快適に各種サービスを利用できるよう「快適化計画」として2つの施策を実行することを発表した。1つが、すでに発表済みの帯域制限だ。24時間で通信量が300万パケット(366Mバイト)を超えるようなユーザーは、当日21時から翌2時までの通信を制御し、通信速度を下げる。もう1つが、この日発表した42Mbpsの高速サービスだ。

news551_03.jpg

 サービス開始日や料金、対応端末など、詳細は2010年の秋に発表する。なおイー・モバイルでは、2012年をめどにLTEのサービスを始める計画だが、DC-HSPAはそれよりも速く同程度の速度が出せるサービスということで、先行して導入することにしたという。

 42Mbpsサービスの提供エリアは、当初は大都市圏が中心になるとのこと。その後約1年で人口の60~70%をカバーする計画だ。料金は他社のLTEサービスなどの料金もにらみつつ検討していくとしており、明言を避けた。

※情報元:ITmedia +D モバイル
関連記事


関連キーワード
イー・モバイル  HSPA+  DC-HSDPA  LTE 

⇒コメントする

カテゴリ
アクセスランキング
アクセスランキング
ブログパーツ
PR
プロフィール

ganx

Author:ganx
モバイル速報+
関東在住の20代なかばの会社員。WEB制作を少したしなんでおり、SEOとモバイル関連の知識をただいま勉強中。このサイトも自身の勉強のために立ち上げました。
リンクフリー、相互リンクは随時受付中です。ご希望の方は下記のお問い合わせからご連絡ください。
管理人への問い合わせ



RSSフィード
RSS Twitter「フォローしてね」
新着記事
人気エントリー
バックナンバー
 
携帯・PHS契約数
現在の携帯契約数(6月末)
NTTドコモ 5841万4800
(2in1:37万1300)
au 3335万2200
ソフトバンク 2613万8700
(DN:3万2300)
イー・モバイル 334万1000
携帯累計 1億2124万6700
ウィルコムPHS 399万3800
携帯・PHS累計 1億2524万0500
UQコミュニケーションズ 103万0300
公式サイトリンク
モバイルサイト
QR
アクセサリー
あわせて読みたいブログパーツ

blogram投票ボタン

フィードメーター - モバイル速報+



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。